AGA治療薬フィナステリド配合のプロペシアの効果内容・服用方法・副作用紹介

pro

プロペシアは、世界で初めての医師が処方する男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。

AGAの主な原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)は、5α還元酵素によってテストステロンが変換・生成されます。

このDHAが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。

その結果、細い毛髪が増えたり、長く太い毛に成長する前に抜けてしまい、毛髪が薄くなります。

プロペシアは、DHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制し、AGAを改善する効果が期待できるお薬です。

プロペシア 服用方法

プロペシアの使用方法は、20歳以上の成人男性にのみ使用が許されており、1日に1錠を服用します。

3ヶ月の連続投与により効果が発現する場合もあります。

効果が確認できるまで通常6ヶ月以上の連続してのプロペシア服用が必要になります。

使用してすぐに効果が出る医薬品ではないので、長い目で経過を見ましょう。

プロペシア 副作用

めまいイラスト

プロペシアの副作用には、性欲減退、勃起不全、精子の減少といった性機能の減退があります。

プロペシアを服用を続けると、体がそれに慣れて副作用が出づらくなります。

それでも、副作用の症状が重い場合は使用を一時中止してかかりつけの医師にご相談ください。

その他、下痢、腹痛、頭痛などもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ