性病治療薬アジスロマイシン配合のアジーの効果内容・服用方法・副作用紹介

azee250

「アジー」はシプラ社によって開発された、ファイザー社製抗生物質製薬「ジスロマック」のジェネリック医薬品のことです。

アジスロマイシンを主成分としており、殺菌効果で淋病、梅毒、性器クラミジア感染など様々な性感染症の治療に用いることができます。

比較的短期間で効くこと、持続性が高いことが特徴です。

また、アジーは性感染症だけでなく、咽頭、喉の痛みや扁桃炎、歯周病等にも利用されることがあるほか、アレルギー反応を起こしにくいためアレルギーがある方に処方されることもあります。

アジー 服用方法

アジーは1日500mgを上限に、食後2時間以上の空腹時に症状によって用法、用量を自分の体調を見ながら服用します。

一般的な症状に対しては500mgを1日1回、三日間、尿道炎や子宮頸管炎の場合は1500mを一回のみ服用します。

不安な場合は、かかりつけの医師に相談しながら服用します。

アジー 副作用

アジーの副作用としては、主に嘔吐、下痢、胃痛、発疹や目の充血等が報告されています。

また、症状により用法、用量が異なりますのでかかりつけの医師に相談するようにしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ