性病治療薬『ゾビラックス』の効果内容・服用方法・副作用紹介

zovirax

先発医薬品のゾビラックスはヘルペスウィルス感染症の治療薬として有名です。

有効成分はアシクロビルで、経口抗ヘルペスウイルス薬として使われることが多く、他にも水疱瘡、単純疱疹、帯状疱疹などに使われています。
飲み薬のほかに、成分が同じ塗り薬もあります。

効果

ウィルス

ゾビラックスを服用することによって、有効成分のアシクロビルが体内に吸収され、疱疹やヘルペスの原因ウイルスの増殖を防ぎます。

症状が出たらできる限り早く服用することで悪化を防ぎ、症状が軽くなります。

また、再発防止効果もあります。

服用方法

薬

性器ヘルペスの場合・・・
1日1錠(200mg)を5回、毎日服用します。

目安として4時間ごとに服用します。

飲み忘れてしまった場合はすぐに1錠飲むか、次の時間との間が空いてない場合は次回から1錠づつ飲みます。

2錠を1度に服用することは危険なのでやめましょう。

服用中はなるべく水分を摂るようにしましょう。

副作用

副作用は少ないほうですが、あるとすれば下記のような症状です。

下痢・吐き気・めまいなど

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ